全国各地の人気ラジオ番組が参加
Audee』視聴可能になりました!

– News – 全国各地の人気ラジオ番組が参加『Audee』が視聴可能になりました!


Welcome to 'Access' channel '2022

『アクセス』は毎週土曜日(朝の9時 30 分)から放送しています!

毎週土曜日(朝の9時 30 分)放送中!

アクセスについて

アクセスについて


About 'Access channel'

「アクセス」公式ホームページへお越し頂き有難うございます。アクセスは宮崎県内の障がい者の就労に役立つ情報を中心に全ての障がい者・業界関係者のための就労支援プログラムです。「アクセス」にAccessして頂き、全ての方々のハブとなるようなチャンネル作りを目指して参ります。

img

放送時間

『アクセス』は JOY-FM(FM宮崎)にて2021年4月3日土曜日の朝9時半にスタートして、以降毎週土曜日の朝9時 30分からの10分間のチャンネルです!

img

ゲスト

ゲストとして毎回、障がい者就労支援事業所の責任者の方とそこに通って就職された方、通所を頑張ってる方々をゲストにお迎えいたします。

img

放送内容

今まさに就職を目指している方やこれから利用を検討をしている方、宮崎県内全ての障がいをお持ちの方に送る役立つ情報を伝えるチャンネルです!











Audee
img  img

▲ ダウンロードサイト ▲

 スマホアプリやPCで生放送を視聴する事ができます。

*公式サイトは:こちら  *詳しい使い方:こちら



radiko
img  img

▲ ダウンロードサイト ▲

 スマホアプリやPCで生放送を視聴する事ができます。

*公式サイトは:こちら  *詳しい使い方:こちら



パーソナリティー

パーソナリティー


Introducing personality

img

宮 脇   正


(DJ. KAJIKING)

趣味のカジキ釣りをこよなく愛す福岡県出身の 42 歳。メキシコで開催される世界最大のカジキ釣り大会出場後、FMヨコハマにてカジキングというカジキ釣り専門番組のパーソナリティを1年間務める。宮崎県内7箇所にて障がい者就労支援事業の運営も行っており、閉鎖的になりがちな障がい者就労支援業界をもっと風通しよくまた、障がい者の就労の役に立つ情報発信を!との思いから当番組を企画するに至り番組パーソナリティに就任。
     kajiking55

img

宮 脇   正


(DJ. KAJIKING)

趣味のカジキ釣りをこよなく愛す福岡県出身の 42 歳。メキシコで開催される世界最大のカジキ釣り大会出場後、FMヨコハマにてカジキングというカジキ釣り専門番組のパーソナリティを1年間務める。宮崎県内7箇所にて障がい者就労支援事業の運営も行っており、閉鎖的になりがちな障がい者就労支援業界をもっと風通しよくまた、障がい者の就労の役に立つ情報発信を!との思いから当番組を企画するに至り番組パーソナリティに就任。
                                    kajiking55

出演者の紹介

出演者の紹介


Introduction of performers

img

田 口 雅 章さん

ガルヒJAPAN株式会社 代表取締役。ホームページ作成からWebシステム、アプリケーション開発にいたるまで多岐に渡るIT分野をセキュリティという観点から提案・提供している。また仮想通貨技術のブロックチェーン技術を活用した研究開発にも力をいれている。今回「元気玉 SDGs 的療育ゲームプロジェクト」を立ち上げられて、 SDGs の考えに乗っ取って、障がい者が障がい児に対してゲームを開発・提供するというプロジェクトが進行中。障がい者同士が助け合って、またそれを高め合うような社会貢献循環型プロジェクトを目指されている。

img

福 本 哲 也さん

ガルヒJAPAN株式会社 開発室 室長。専門学生時代に応用情報技術者を取得され、ソフトウェアの設計・開発、外食産業向けシフト管理・営業成績管理システムのマネジメント。子供向け車ゲームアプリのマネジメントなど、多岐にわたってシステム開発の技術者として活躍されてきた。またブロックチェーンをつかった取引所及び Wallet の設計・開発や障がい者就労支援管理システムの開発などにも携われている。今回の「元気玉 SDGs 的療育ゲームプロジェクト」リーダーとして、プロジェクトメンバー総勢 45名を統括、指揮・指導をしている。





img

田 口 雅 章さん

ガルヒJAPAN株式会社 代表取締役。ホームページ作成からWebシステム、アプリケーション開発にいたるまで多岐に渡るIT分野をセキュリティという観点から提案・提供している。また仮想通貨技術のブロックチェーン技術を活用した研究開発にも力をいれている。今回「元気玉 SDGs 的療育ゲームプロジェクト」を立ち上げられて、 SDGs の考えに乗っ取って、障がい者が障がい児に対してゲームを開発・提供するというプロジェクトが進行中。障がい者同士が助け合って、またそれを高め合うような社会貢献循環型プロジェクトを目指されている。

img

福 本 哲 也さん

ガルヒJAPAN株式会社 開発室 室長。専門学生時代に応用情報技術者を取得され、ソフトウェアの設計・開発、外食産業向けシフト管理・営業成績管理システムのマネジメント。子供向け車ゲームアプリのマネジメントなど、多岐にわたってシステム開発の技術者として活躍されてきた。またブロックチェーンをつかった取引所及び Wallet の設計・開発や障がい者就労支援管理システムの開発などにも携われている。今回の「元気玉 SDGs 的療育ゲームプロジェクト」リーダーとして、プロジェクトメンバー総勢 45名を統括、指揮・指導をしている。

アクセス番組内容

アクセス番組内容


Access broadcast content

2022年9月24日放送

GARHI JAPAN Vol.2

🄺 土曜日の朝といえば就労支援情報チャンネル「アクセス」の時間です。今週も先週に引き続き、ガルヒジャパン 代表取締役社長 田口雅章さんと、ガルヒジャパン株式会社 開発室 室長 福本哲也さんにお越しいただいております。お二人ともよろしくお願いします。

🆃🅵 よろしくお願いします。

🄺 早速なんですけども、今回もですね、カリカリに尖った高度なお話しをしていければというふうに思うんですけども…。

🄺 ところで福本室長、アルゴリズムって何ですか? 先週でてきたじゃないですか(笑)。

🄺 どうぞググってください。ググってる間にちょっと田口社長と世間話でもしましょうか。

🆃 あの開発室にですね、分厚い電話帳のような本が3冊ぐらいの「アルゴリズムとは」、みたいな本があるんですよ。それを今この短い時間でね(笑)。

🅵 アルゴリズムっていうのは、ある問題を解くための手順ですね。まあ、ここで足し算してここで引き算してとかいうのを、単純な足し算なら足し算とか、XとYを足すとかそういったものの組み合わせと操作を明確に定義したもの。

🄺 ぜんぜんわからん! なんですか分かりやすく言うとどういうことなんですか?

🅵 パズルの解き方の答えみたいなものですね。

🄺 なるほど、例えばゲームを作ったりソフト作ったりする時ってアイデアとか機能とかが、どんどん付加されていくわけですよね。

🅵 はい。

🄺 その道中にこれを作るためには、っていってパズル的に逆算していくいうことですか?

🅵 そうですね、例えばアクションゲームとかでAボタンを押したらジャンプするっていう単純な機能があると思います。これをずっとAボタンが押された時っていう条件式っていうものを監視しておいてですね。それでAボタンが押された時に初めてキャラクターがジャンプするという関数を実行するんです。

🄺 はい。

🅵 でその関数の中では、さらにそのキャラクターの場所とキャラクターがジャンプする動作、ジャンプする高さ、落ちる速度、さらにそこまでいうなら重力加速度とか落下速度とか、物理の話しになりますけど。

🄺 ちょっとまた聞かないといけないですね(笑)。

🅵 そのあたりは Unity が勝手に設定してくれてたりするので、かなり細かいとこら関しては自動で入れてくれるので楽になります。

🄺 まあ、とにかくよくわかりませんけどね。この高度なことを社長のところのプロジェクトで作る側の障がいを持っている方でこういうことがわかるようになるわけでしょ?

🆃 わかるようになります。パソコン触ったことないよっていう利用者さんも、いまバリバリにコーディングをしてたりとかしますので、入門書から入ってですね、いろんなその自分の学習をしてで、今あのバリバリコーディングしてます。

🄺 マジですか? マジでなるんですか?

🆃 あの今回やってるのは、障がい児、子供向けのゲームですので、そんなに複雑なゲームではないので、シンプルな簡単なゲームっていうのがコンセプトにありますので、それぐらいのレベルであればもう多分、半年ぐらいでもうマスターできるんじゃないのかなと思います。

🄺 マジですか。例えば操作とか技術スキル的には要は簡単なゲームであったとしてもですよ。頭の中の組み立て方的にはいま室長が言ったようなことも、全部じゃないにしてもある程度把握してないとでもできないですよね。

🆃 そうですね。

🄺 どういうこと? 本当に?

🅵 いや、いま言ったような細かいところまでは考えなくてもいいんですが、まぁAボタンを押したらジャンプするとか、そういった行動の順番だとか、どこでそれを呼ぶとか、どういった機能があるのかっていう一覧を紙に書いてもいいですし、自分の頭の中だけでもいいですし、企画書を見ただけである程度そういった作りを頭の中で想像できるようになってもらいたいなと思っています。

🄺 なるほど、多分いまこのラジオを聴かれているリスナーの皆さんはゲーム開発とかプログラム・エンジニアみないな世界からは離れている方の方が多いと思うんで、いまお聴きになっている内容というのがあまり伝わってないと思うんですけれども、なんかすげーな、なに言ってるの? みないな感じでたぶん聴かれてると思うんですけれども、でもまぁ、そういうふうな開発の現場で働けるように教育を要はされてるわけですよね。

🆃 そうですね。

🄺 室長から見ててだんだん作ってる人が、1個目作った、2個目作ったっていうふうなステップアップしてるじゃないですか? なんか成長してるねってみえますか?

🅵 そうですね。だんだん作る速度が速くなっていってたり、同じような処理を使うところは、以前作ったものから使い回したりしてますね。

🄺 あー、なるほど。引き出しが増えるからね。

🄺 なるほど、社長すごいじゃないですか?

🆃 まぁ実際ゲーム作るじゃないですか? それがあのマーケットに乗るんですよね。iOS、Google Play にですね。ただあの作ってる側も自分の作ったアプリがマーケットに載って、誰でもダウンロードして遊べるっていうのは、やっぱりモチベーションの一つにもなりますしね。

🄺 スマホで誰でもインストールできるわけですもんね。

🆃 そうですね。なので友達や親戚、家族に自分が作ったゲームがここにあるんだよっていうところで、そのモチベーションにもつながるのかなぁって思います。

🄺 そら言いますよね。自分がゲーム作って「俺が作ったゲーム載ってるやん」「載ったんやけど」みたいな。そうやってまた、じゃあこう自分の成果を確かめて、モチベーションを上げて、またもっと高度なことをやろうみたいな意欲にもつながっていくわけですね。

🆃 そうですね。

🄺 まさにSDGsですね。あのこの番組、趣旨が少し変わりまして、番組の最後にゲストの皆さんに「あなたが取り組んでいる SDGs 的なこと」っていうのを一言聞いて終わるようにしてるんですけども、田口社長、何かありますかね? SDGs これ俺やってるよみたいな。

🆃 やってみよう!でもいいんですかね?

🆃 それこそこっちの話になるんですけども、あの Microsoft の試験があるんですよ、それで試験を受けるのに車持ってらっしゃらない方で、その試験を受けたいとけどその交通費がないと、で試験を受けるお金もないと。どうしたらいいでしょう? みたいな相談があったんですけど、あのやる気ともう絶対に資格取るんだっていう意気込みは、ひしひしと伝わるんですけど、SDGs の中で「貧困」っていうのがあるからあとまあ「教育」っていう部分があるんですけども、どうにかしてその資格を取りたいんだけども、そういう金銭的な問題で、ちょっと挫折しちゃうとかですね、そういうのやっぱりもったいないので、会社として個人としてもそこはなんかうまくなんかルール化というか、手助けみたいな形でできたらとみたいな形で取り組んでいけたらなぁというふうにはそれこそ最近の話なんですけど、思ったところですね。

🄺 なるほど、きれいにまとめていただいたんですけど、福本哲也の SDGs みたいななんかないんですか? 最後に一言!

🅵 そもそもSDGsあんまり理解してないんですよね。

🄺 ゴミを捨てないそうです(笑)。

🄺 それではですね、お二人とも2週に渡って高度な話をしていただきありがとうございました。またぜひいつかゲーム 100 本目指してあるというふうにこの資料に書いてありますから、達成されたらぜひまたゲストに来ていただけたらと思います。ありがとうございました。

🆃🅵 ありがとうございました。

DJ. カジキング

2022年9月17日放送

GARHI JAPAN Vol.1

🄺 皆さま、おはようございます。土曜日の朝といえば就労支援情報チャンネル「アクセス」の時間です。本日は素敵なお二人にゲストにお越しいただいております。

🄺 GARHI JAPAN(ガルヒジャパン)株式会社 代表取締役 社長 田口 雅章さんとGARHI JAPAN 開発室 室長の福本 哲也さんです! よろしくお願いします。

🆃🅵 よろしくお願いします。

🄺 さぁ田口社長、何ヶ月ぶりですかね。あの都城の床屋さん、お聞きになってるでしょうか?(笑)。お店の名前、何といいましたかね?

🆃 サムライっていいます。

🄺 田口社長が通われている、サムライさん、お聴きになってるでしょうか?

🄺 それではですね、ガルヒさんの方で SDGs に絡めた面白い取り組みをされているっていうことを伺ったんですけども…。

🆃 はい、プロジェクトの名前が「元気玉 SDGs 的療育ゲームプロジェクト」と題して動いておりまして、 SDGs の考えに乗っ取って、障がい者が障がい児に対してゲームを開発・提供するっいうプロジェクトが進行中です。障がい者同士が助け合って、またそれを高め合うような社会貢献循環型プロジェクトを目的としております。

🆃 まぁ何をしているのかっていうところで、療育の子どもたち向けに知育ゲームをたくさん開発しておりまして、数も結構多いものですから、それがパッと見れる専用のサイトを作ったりとかですね、そういったものを今取り組んでおります。

🆃 このプロジェクトは障がい者が障がい児に対してゲームを開発・提供するものなんですけれども、いくつか目的がありまして、まず一つは作る側の障がい者が簡単なゲーム開発を通じて開発の流れや基礎を学習すること。

🆃 これにはいくつか目的がありまして、まず1つ目は創る側の障がい者の方が簡単なゲーム開発を通じて、開発の中で基礎を学習することです。2つ目が今度は使う側の障がい児なんですけども、将来ゲームをプレイするだけじゃなくて創る側になってほしいという、そういう目的もあります。

🄺 なるほど。

🆃 それで基本ゲームは全て無料なんですけども、一部広告が入る仕組みを取っておりまして、事業所の収益の部分なんですけれども、広告収入っていうのも収益の一つとして考えています。

🄺 なるほど。

🆃 まあ、現在30本、40本とどんどん本数を増やして創っていってるんですけども、ゆくゆくはゲーム会社へ就職できるレベルまでもっていって、外部からの開発案件を受注できるような取り組みをしたいと考えております。

🄺 この4つの柱と言いますか、この4つの効果を目的としてこのプロジェクトを進められているということですね。

🄺 簡単にまとめると、1つ目が障がいをお持ちの方がゲームを創り、創ることを通じて基礎的な部分を学習する。

🆃 はい。

🄺 2つ目がいろんな障がいを持っている子どもさん向けの施設なんかもたくさんあるので、そういったところが近年デジタル化(DX化)なんか言ってますけども、知育ゲームみたいなイメージかと思うんですが、この子たちがこのゲームを使うことによって将来こういうゲームを創る側になりたいなぁみたいな、そういうふうに思ってもらえたらいいなぁということですね。

🄺 そして3つ目がプレイ利用料金は無料ということで、障がいを持ったお子さんたちはタダで遊べるゲームということ。一部広告が入っていますがこれは創る側の会社さんの方に収益が入るようになるということですね。

🆃 そうですね。

🄺 SDGs って持続可能なと言ってますけど、何かしらの収益も確保しつつ持続が可能な状態にしないといけないみたいな話を前回の放送でもさせてもらったんですけど、こういったところに紐付いてくるということですね。

🆃 はい、そうです。なので今の既存の売り上げだけに頼らず、別の収益源の確保も目指しているということです。これが3つ目で、最後の4つ目がたくさん創っていけば就職の道がまた開けていくであろうということですね。

🄺 なるほど、この「4つ」素晴らしいじゃないですか?

🆃 ありがとうございます。

🄺 そして今、お隣にいらっしゃるのがこのゲーム制作を統括されている福本さんですね。

🅵 はい。

🄺 このゲームはなんで作られてるんですか?

🅵 Unity(ユニティ)というプラットフォームを使っております。

🄺 言語は何を使っているんですか?

🅵 言語は「C#」です。

🄺 いま総勢45人ぐらいで創られているって伺ったんですけども、横から見ててどんなところが大変そうですか?

🅵 そうですね。一番最初に企画をしてもらって、それを元にコーディングをしてもらうんですが、仕様書とかを作っている時間はあまりないので、その企画書からどのようなプログラムを作るかというのを読み取って、自分の頭で考えてコーディングしてもらう。そこにどういった処理をするかとか、どういったアルゴリズムを使うかとか、なのでできるだけ効率のいい処理を自分で決めてUnityでどんなことができるのかということも知っておかなくてはいけないので、それ方法を検索サイトで調べたり、そういった基礎知識と技術力が必要になってきますので、そこで苦労されている方もいらっしゃいますね。

🄺 なるほどね、仕様書って一般的にはそこそこの規模の開発だったら本当はガッツリ作るんですよね。

🆃 そうですね。仕様書の前に概要書を作ったり設計書を作りますね。

🄺 メッチャつくるんですね。

🆃 そうですね、一つのソフトだったとしてもバックグラウンドがどうなっているのかとか、どこでループさせるのか、とこで違うゲームのシーンに移るのかとか、いろいろ分岐があるので、それを一旦紙に落とすというのが本来のやり方ですが、その逆にそこに書いてないのは、コーディングしないいっというぐらい落とし込んでいくんですけども、今回はスケジュール組んで1本のアプリを、一週間以内にっていう風な目標を立ててますので、概要書、設計書、仕様書とかがなく、コーディングする方にどういうゲームなんだよっていうのを伝えるための企画書、それを作るのが結構手間かかってるのかなと思ってますね。

🄺 室長さん的には Unity の本って、今たくさん本屋さんとか Amazon で売られてるじゃないですか?

🅵 はい。

🄺 あれ2、3冊、4、5冊と繰り返していって基礎的な力って、実践的な目線で見た場合に力がつくと思いますか?

🅵 数を読めばいいというわけでもなくて、1、2冊読んでみてその通りにプログラムして、ある程度の流れを把握したら、あとは自分で探してUnityでどういったことができるのかっていうのを使いながら探しながら把握していって、そうやって実践で使えるようになるということです。

🄺 なるほどトライアンドエラーですね。

🅵 そうですね。

🄺 なるほど、でもそこは何の世界でも一緒ですよね。別にプログラムミングの世界に限らずとも、実際もうやってみるみたいな部分が大事なのかなというふうに感じております。

🄺 来週も引き続きこういうちょっとマニアックなというかですね。お二人にとっては、マニアックな話でもなんでもないんでしょうけど、お聞きになってるリスナーさんにとっては、急にこれまでの番組の色と変わって、技術的な話がそれこそさっき言ってたアルゴリズムなんか、もう今めっちゃ聞きたくてアルゴリズムて何?みたいなね。っていうところをお聞きしたいので、またお越しいただければというふうに思います。

🄺 それでは皆さん今週もありがとうございました。

🆃🅵 ありがとうございました。

DJ. カジキング

イト制作チーム

イト制作チーム


Site production team

img

編集校正担当(Mさん)

img

デザイン担当(Yさん)

プライバシーポリシー


Privacy policy

はじめに

「アクセス」(以下、「当番組」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。当番組は個人情報を保護し、お客様に更なる信頼と安心感をご提供できるように努めてまいります。当番組は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いをいたします。

1.個人情報の取得について

当番組は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得いたします。なお、ご相談・お問い合わせに必要な範囲で個人情報を収集する場合があります。

2.個人情報の利用について

当番組は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用いたします。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

・ご相談・お問い合わせに対する回答や確認のご連絡のため
・個人情報を特定しない統計情報に利用するため

3.個人情報の安全管理について

当番組は、取り扱う個人情報の漏えい、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4.個人情報の委託について

当番組は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。

5.個人情報の第三者提供について

当番組は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

6.個人情報の開示・訂正について

当番組は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示をいたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には開示に応じません。個人情報の内容に誤りがありご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応いたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。当番組の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、当番組までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

7.組織・体制

当番組は、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施いたします。

8.その他の注意事項

当番組が運営するコンテンツや掲載物などからリンクされている第三者のサイト及びサービスは、当番組とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータ収集の規約を定めています。当サイトはこれらの規約や活動に対していかなる義務や責任も負いません。

9.個人情報の管理方法の継続的な改善について

当番組は、個人情報の管理方法を見直し、継続的に改善を実施いたします。

10.本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当番組が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

お問い合わせ


Contact

アクセス番組事務局

〒885-0055
宮崎県都城市早鈴町2-8

0986516786