Welcome to 'Access' channel

アクセスについて


About 'Access channel'

「アクセス」公式ホームページへお越し頂き有難うございます。アクセスは宮崎県内の障害者の就労に役立つ情報を中心に全ての障がい者・業界関係者のための就労支援プログラムです。「アクセス」にAccessして頂き、全ての方々のハブとなるようなチャンネル作りを目指して参ります。

img

放送時間

『アクセス』は JOY-FM(FM宮崎)にて2021年4月3日土曜日の朝9時半にスタートして、以降毎週土曜日の朝9時 30分からの10分間のチャンネルです!

img

ゲスト

ゲストとして毎回、障がい者就労支援事業所の責任者の方とそこに通って就職された方、通所を頑張ってる方々をゲストにお迎えいたします。

img

放送内容

今まさに就職を目指している方やこれから利用を検討をしている方、宮崎県内全ての障がいをお持ちの方に送る役立つ情報を伝えるチャンネルです!











radiko
img  img

▲ ダウンロードサイト ▲

 スマホアプリやPCで生放送を視聴する事ができます。

*公式サイトは:こちら  *詳しい使い方:こちら

パーソナリティー


Introducing personality

img

宮 脇   正


(DJ. KAJIKING)

趣味のカジキ釣りをこよなく愛す福岡県出身の41歳。メキシコで開催される世界最大のカジキ釣り大会出場後、FMヨコハマにてカジキングというカジキ釣り専門番組のパーソナリティを1年間務める。宮崎県内6箇所にて障がい者就労支援事業の運営も行っており、閉鎖的になりがちな障がい者就労支援業界をもっと風通しよくまた、障がい者の就労の役に立つ情報発信を!との思いから当番組を企画するに至り番組パーソナリティに就任。

出演者の紹介


Introduction of performers

img

山元まり子さん

「キャンバスの会」副施設長。都城市に 2004 年に設立され今年で 18 年目になります。当初はボランティア2名でスタートし、その後学童保育や介護事業を開始。2005 年に “障がい者雇用事業所” としての就労支援事業がスタートしました。キャンバスの会は『障がい者(児)に対して地域社会での自立を実現するための支援に関する事業を行い社会福祉に寄与することを目的とする』と言う理念のもと、利用者さんの特性に合ったお仕事ができるように、また精神的・経済的に自立を目指し、地域社会で生き生きと暮らすための場として働く場を提供し、様々な事業を展開し活動されています。─キャンバスの会─

アクセス番組内容


Access broadcast content

2021年11月20日放送

キャンバスの会 Vol.2

🄺 本日も先週に引き続き、社会福祉法人「キャンバスの会」から副施設長の山元まり子さんにお越しいただいております。まずキャンバスの会の特徴や特色をお聞かせ願いたいなと思うんですが。

──クリーニングサービス、弁当の配食事業をしておりまして、都城市内の個人宅、企業施設、病院へのお弁当をA型利用者さんが調理、盛り付けして、デスクワーク、配食するお仕事をしていただいております。仕出し弁当ですとか法事のお弁当オードブルもご注文いただいており、365日営業しております。

🄺 365 日ですか!

──その他、食品の加工センターをA型、B型事業所で行っておりまして、そちらでは食品加工の商品開発を企業様との連携で、地域や九州・沖縄にお届けしております。ホテルやスーパーにもカットや下処理した安心で安全な食品加工品を卸しておりまして、独自産業化で 70 アールの畑に利用者さんが野菜を育てていましてスープ等の加工品として売っております。2019年に食品衛生管理の “ハサップ” って言うものがございまして、それの認証を受けた認定施設でございまして、食の安全や食品ロス、不良製品の出荷を未然に防げるような衛生管理を行っております。

🄺 なるほどですね。

──後は、施設外就労もしておりまして、企業さんの敷地をお借りして、野菜の袋詰めや野菜の洗浄、仕分け・選別等を行っております。利用者さんに合わせた仕事を、他の事業所でもその方の特性に合わせた事業を提供できるんではないかと思っております。

🄺 ところで会社の中に仕事を取ってくる精鋭部隊があるんですか?

──営業力のある理事長自ら動いていますね。また企業様のご協力には本当に感謝しております。仕事や社会参加を通して様々な楽しみを見つけて自分らしく生きていけて、それによって家族も安心できるようなお手伝いができればいいなと思っています。

🄺 山元さん的には障がい者の方や利用者の方に、どんな声をかけられてる瞬間が一番嬉しいなと思いますか?

──重度の障がいがある利用者さんが私の手伝いをしたかったらしくて、他のスタッフにメモを渡しに行くっていうのを見て、誰かの役に立ちたいとか、働く喜びを感じてるんだなぁって言うのに感動しました。就労が難しい障がい者の方にとっても毎日楽しい幸せだと感じていただける支援をしたいなぁと思っています。

🄺 次にどんなお仕事を増やそうかと決められていますか?

──宮崎市の高齢者施設で朝昼夕の食事を一日 300 食委託いただいており、年内に清武の方の施設でその提供を予定しております。また沖縄県の方にも施設を開所します。就労支援だけではなく障がい者の方の一般雇用でスーパーと提携して加工品等の業務を行います。

──また利用者さんとお話しする中で、働ける環境を作ってもらってありがたいとお客様に迷惑をかけないように毎日丁寧に仕事をしています。できることが増えてくると嬉しいです!と言ってくれるんですね。一般就労すること、一人暮らしをすること、結婚して家庭を持つこと等を夢に持って頑張っておられますので、スタッフとしても工賃の向上や作業環境の整備作りに取り組んでおります。

🄺 本当に素晴らしい取り組みですね! 最後に山元さんの方からリスナーさんに一言お願いできますか?

──2004 年の設立当時、学童保育から始まったキャンバスの会ですが、子供の将来の就労を考えて始まったことで、お母さんたちを安心させたいと言う思いで、本人のやりたいことや目標や夢を叶えるために応援し、一緒に頑張っていきたいなと思っております。

🄺 私も本当に心から応援してます。今後も宮崎県のために頑張ってください。ありがとうございました。

DJ. カジキング

2021年11月13日放送

キャンバスの会 Vol.1

本日は「社会福祉法人キャンバスの会」さんから副施設長でいらっしゃいます、山元まり子さんにゲストでお越しいただきました。早速ですがキャンバスの会さんは県内の都城市と宮崎市の方でいろんな施設を運営されていますが、その辺リスナーの皆さんにご紹介いただければと思います。

──都城市内ではお弁当の配食の車をよく見られると思うんですが、クリーニングのリネンサービス事業やお弁当配食事業、食品加工販売、生活介護、短期入所グループホーム等を行っております。

お弁当配達のトラックの横にキャンバスの会とカラフルなロゴで書いてありますね!

──都城が9事業所で宮崎市の花ヶ島に6事業所(生活介護等)がございます。

幅広く様々な支援を行えるような体制を作られてるんですね。

──2004 年に設立されまして今年で18 年目になります。当初は理事長がオムツ配達のボランティアを2名で2年ほど続けまして、学童保育や介護事業から始まったと聞いております。その後 2005 年にオムツ配達販売の障がい者雇用事業所として就労事業がスタートしました。キャンバスの会の理念のもと、利用者さんの特性に合ったお仕事ができるように様々な事業を展開しております。

なるほどですね……。

──「キャンバスの会」のマークの由来を聞かれるんですが、空いっぱいの大きなキャンバスに子供の夢、親の思いを形にしようということで願いを込めて名前をつけられました。現在はA型利用者さんが 60 名、B型利用者さんが 40 名の方々が毎日就労されております。就労時間はA型さんが5時間から 5.5 時間、B型さんが4時間以上就労されています。

A型さんのお仕事の内容とB型の方のお仕事内容って当然違ってくると思うんですけど、どういったことをされてるのか簡単にご説明いただけますか?

──クリーニングに関しましてはA型事業所では病院、高齢者施設の洗濯物のタオル関係ですとか、県内外のレストラン等のユニホームをレンタルクリーニングで提供していまして、ちょっと難しい染み抜きですとか、アイロンがけ、縫製、配達等を業務としております。特にアイロンに関しては技術の向上を目指す利用者さんが多いので、とてもきれいな仕上がりになっていると思ってます。B型事業所では病院のタオルとかのアイロンがけみたいな作業はちょっと難しいなぁっていう方にはタオルをたたんだりとか乳児の布おむつ、産着の洗濯やたたみ等を行なっていただいております。

このキャンバスの会の中で副施設長の山元さんは主にどういったお仕事をやられてるんですか?

──今までいろいろな事業所を渡り歩きまして過去にはクリーニングとかお弁当のマルヨシとか、ほぼグループホーム以外は全て支援事業所に行ったかなと思うんですけど、現在は生活介護の方で重度の利用者さんの支援を行なっております。

ではもうキャンパスの会さんの中の重鎮ですね。ところでキャンパスの会さんに就職しようと思ったきっかけは?

──以前は一般企業に勤めておりまして、その時、祖父のために何かしようと思ったのがきっかけだったんですが介護ヘルパーの勉強を始めました。始めてみて、ふと私はそれまで 18 年ほど何かを探し求めてたような気がして、ヘルパーの研修を受けたときにストンと落ちたというか、これだと思って、もともと祖父のために始めたことなんですが、縁があってキャンバスの会に拾っていただいたという感じですね。

障がい者の支援も高齢者の支援も大枠で言えば同じ福祉ですし、この業界に導かれたっていう感じですね。次回もまたこの続きをお話しいただけたらと思います。ありがとうございました。

DJ. カジキング

2021年11月6日放送

ガルヒJAPAN ㈱ Vol.4

お早うございます。今回もよろしくお願いします。先週に引き続きガルヒJAPANの田口雅章さんにお越しいただいています。先週の放送で、就労移行支援・就労継続支援A型を運営されているガルヒ就労支援サービスの “ブルーマーリン” に通所されていたMさんを一般採用されたということですが、現在どのようなお仕事を始められているんですか?

──入社と同時にゲームアプリの制作を早速始められているのですが、そのプロジェクトを開発する上での書類作り(マニュアル等)をしてもらっています。

リスナーさんに分かりやすく言うと、何か物を作る前の段階の設計図みたいなものですか?

──プラモデルの作り方のマニュアルみたいなものですね。それができたら実際に手を動かしてプログラミングをしていくという流れになります。

プログラムの開発にあたり、どのような言語を使われているんですか?

──ソフト名は Unity で、プログラム言語は C#(シーシャープ)を使って開発していきます。

リスナーの皆さんには複雑なのでサラッと流してもらえたらと思いますが、それはスマホで遊べるゲームなんですか?

── iPhoneでもAndroid でもどちらでも動くようなゲームを作っています。

ガルヒJAPANさんは以前「峠」というゲーム開発の一部を担当しておられたのは聞いていますので、ゲーム開発には強いんですね?

──はい、いろんなノウハウを持っています。

それでゲームに強い技術やスキルをを持っている方を積極的に採用されているんですね、今後はゲームチームを順次拡大していくような作戦ですかね?

──ゲーム開発で一番大事なのは見た目、デザインなのでここも充実させたいと思っています。またそれに伴ってシナリオというかストーリーというか、ITとは違う分野なんですが、今後、小説が好きな人を紹介してもらって雇用したいなということも考えています。

就職されたMさんはグループホームにおられたそうですが、ガルヒJAPANさんに直接採用されたことで、念願の一人暮らしができ大変喜んでおられたそうですね。これが本当に意味での “自立” ということでしょうかね。これからさらにステップアップしてもらって会社の中で活躍していただければいいですね。今回もありがとうございました。

DJ. カジキング

2021年10月30日放送

ガルヒJAPAN ㈱ Vol.3

今回は、以前にもこの番組に出演いただいた “ガルヒJAPAN株式会社” の代表取締役である田口 雅章さんにお越しいただきました。この度、障がいをお持ちの方を一般採用されたという事で、今回はそのお話しを伺います。

──30代後半の方で ADHD(多動性障がい)をお持ちの方で、集中力が続かない、思いつくとすぐ行動してしまう、また難しいものにも全力で取り組んで自分でもセーブできなくなる特徴がありまして、仕事もなかなか休めないという病いをお持ちの方です。

ブルーマーリンという就労支援施設を利用される前、どんなお仕事をされていたんですか?

──以前は10年ほど大手自動車関係のプログラマーをされていて病気で退社されたのですが、プログラマーとしての強い思いもあり、去年の2020年の9月からガルヒ就労支援サービスの就労移行支援で訓練をされていました。(ガルヒ就労支援サービス)

その後、就職されるまでブルーマーリンという施設でどんな学習や訓練をされていたんですか?

──同施設の継続支援A型に移られ、アプリやゲームを作ったりして実務経験をされていました。また今年の4月にはIT分野の基本情報技術者(国家資格)のライセンスも取得されています。

なるほど…そしてこの度10月に、晴れてガルヒJAPANに就職されるわけですね。今回は入社(一般就職)されるまでの一連の流れをお聞きしましたが、次回は今現在どんなご様子で仕事をされているのかをお伝えいただければと思います。

DJ. カジキング

2021年10月23日放送

旅人ヒロシ さん Vol.2

前回に引き続き、相方でラジオのレギュラー番組を一緒にやっている “旅人ヒロシ” さんに来てもらっています。

──カジキングがカジキ釣りに連れて行ってくれるというので、今日は水着でお邪魔しています(笑)。

前回は施設の体験の中でデザイン系の作業についてスポットを当ててお話ししてもらいましたが、今回は施設全体のことだったり、大きな目線で感想を聞かせてもらおうと思ってます。

──2つありまして、スタッフと利用者について・・・まず利用者について言いますと、利用できるのは最長2年というところがあって、その期間の中で一人一人の要望に合わせたカリキュラムを作っていることには驚きました。利用者の方にとって将来のことは自分ではなかなか分かりづらいと思いますけど、2年後には目標とするものにだんだん近づいていくようなシステム作りがされているんだなと思いました。

はい、それから施設を利用するには “個別支援計画” というものを作らないといけないんです。これがちゃんと出来ていないとそもそも利用開始のOKが出ないんです。福祉施設である限り一人一人に合わせたものを作らないと制度上いけないんですね。

──一方、スタッフ側についての感想は、一人一人をよく見られているのが分かります。これはやはり「愛」がないと向き合えないなと思いました。カリキュラムも含めて実際体験してみてそれがよく分かりました。

就労支援事業所の場合、一人につき生涯で利用できるのは2年間と決まっているので “体験” は非常に大事です。自分に本当に合っている事業所で、一緒になって将来を応援してくれるスタッフがいるところをしっかり見極めて選ぶことが大事です。また障がい者の方だけが情報を知っているんじゃなくて、健常者の方もまず知ってもらうことが大事だと思います。そして利用される方は自分が描くものが決まったら、それを相談してまず体験してみることが大事だと思っています。

──そう思いました、やはりまず情報を知って自分の将来が描くことができた時は、相談して実際に体験にしに行くことが大切だと感じました。その “アクセス” をやって実行!それが言いたかったです。

これから晩飯を食べて4時間かけて博多に帰って、夜中1時の出航でカジキ釣りに行きます(笑)。旅人ヒロシさん、二週にわたって「アクセス」に来ていただいて本当に有難うございました。

DJ. カジキング

2021年10月16日放送

旅人ヒロシ さん Vol.1

本日のゲストはハワイの KZOO ラジオでカジキ釣り番組の相方パーソナリティーでもあり、インター FM でロサンジェルスの情報を発信している「旅人ヒロシさん」です。さらにこの度、カジキングとラジオ関西で「カジキングJAPAN」を始めていて、その相方パーソナリティーでもあります。

──宮崎空港に降りてどうやらユーチューバー(YouTuber)に間違えられた旅人ヒロシです(笑)。今回の主旨は施設の「一日体験」で、カジキングに相談して就労支援事業所である「ホワイトマーリン」にお邪魔して一日体験をさせてもらいました。

体験学習してみて実際中身はどうでしたか?

──自分がやっていることの中身を事業所の所長が、あらかじめヒアリングをして下さっていて、業界の最前線で使われているソフトの使い方のことや、こうすればもっと簡単に操作できるなど、自分の生活に密着したもので実用的なアドバイスをしてもらいました。具体的には YouTube で使う画像の編集の仕方、デザインのことなどですね。

事業所では一日で完結できる小さな成功体験をしてもらって、本人がそれを学び続ければさらに進歩してもっと大きなことができる、自分なりの将来の画を描いてもらうのが目的でもあります。そのイメージを持ってもらうのが一日体験のいいところです。

今回、旅人ヒロシさんは宮崎の美味しいものに出会ったようで、鶏のタタキには “たまげた”(宮崎弁)そうです。ということで今夜も宮崎の味を探しに行きましょうか。

DJ. カジキング

2021年10月9日放送

ジェイミー さん Vol.2

先週に引き続きジェイミーさんに来ていただいています。朝からテンション高いですね〜。先週は本題をしゃべっていなかったので今週はさっそくいきます! ところでガルヒ就労支援サービスで英会話の出張講座をスタートしてもらってますが、1回目のレッスンをしてみての感想はいかがですか?

──生徒さんは真剣ですね。僕が面白くないギャグを言っても笑ってくれるし、メモを取ったりしてしてくれて真剣さが伺えました。会話の大事な点は3つ、まず自信を持ってもらうこと(間違えてもOK)、それから英語の “動詞” は非常に大事です(たくさん覚えると会話がスムーズにいく)、あと発音ですね、Wのつく言葉を覚えると自己紹介などがスムーズに行えます。そんなわけでこれから皆さんと楽しみながら講座をやりたいと思ってます。

ちょっと英語でおしゃべりができると自信がついてさらに意欲も出てきますしね。

──そうなんですよ、僕も昔、日本に来て言葉が通じて嬉しかったことがありました。その嬉しさを生徒さんに感じてもらいたいですね。会話が楽しいと自然と覚えていきます。それから一つのアドバイスですけど、覚えた英語をメモにとってトイレに置いておく! 朝・昼・晩と3分づつ見るだけで一日10分近くの勉強ができます。

日本人は英会話がうまく上達しないとよく言いますけど、なぜでしょうか?

──ぶっちゃけ言うと日本人はシャイで深く考えてしまうところがあるんですね。“失敗したら恥ずかしい” と思うからダメなんですよ。でも飲み会になると急に会話ができてしまうんですね!? リラックスした気分になるんでしょうかね。でもシラフの時でも失敗しても大丈夫です。とにかく喋ることが必要なんです!

今回で2週にわたってジェイミーさんに来ていただきました。最後にリスナーさんに何かメッセージがありますか?

──11月の13〜14日にシーガイアのウォークモールで「ようこそフェス」をやります。キッチンカーやマルシェなど色々企画していますよ。またいろんな飲食店も出店します。ぜひ遊びに来て欲しいです!

DJ. カジキング

2021年10月2日放送

ジェイミー さん Vol.1

今回はオーストラリア人でテレビでも活躍していらっしゃる “宮崎県の星” ジェイミーさんに来ていただきました。

──今日は呼んでいただいて本当にありがとうございます! マジでラジオの空気になっていますね──

ところでジェイミーさんはどんなキッカケで日本に来たんですか?

──1985年当時、埼玉でホームステイをしていたんですが、サムライ(坂本龍馬)に憧れて日本にきたんです。でもそんな人はいなかった(笑)。日本はイメージ的にはチョンマゲで着物を着ているイメージがあったのでそう思っていました。こちら宮崎に来て21年になりますが、とくに宮崎は物価も安いし食べ物も美味しい、そして海も山もあり人柄もやさしいですね。大好きな宮崎です──

ジェイミーさんは UMK さんでタレントとして活躍されていますが、宮崎観光ホテルで英会話教室「J-kaiwa」も18年されています。子供から大人(3歳から103歳)まで楽しみながらやっているとのこと。

──会話のために英語を学習するのですが、学生さんなどは試験のためにやってますね、これだと英会話は失敗しやすいですね。英語の文法は間違っていてもいいんです、もっと言うと動詞があればなんとかなるんですよ。逆に日本語でわからなかったのは、私が初めてロケに行った時です。カメラマンが「ちょっと気持ち右」と言ったのですが、その意味が、どのくらい動けばいいのかわからなかったことがありました。ホント不思議な日本語ですねぇー(笑)。私がやっている “J-kaiwa” で一番気をつけているのはまず楽しむこと、そして綺麗な発音をしてもらうよう気をつけています。発音が良くなるとカッコいいですから──

ところで、私カジキングはカジキ釣りの世界大会がメキシコで近々あるんですが、実はそこで優勝するつもりなんです! 優勝すると英語で “スピーチ” をしないといけないので、ジェイミーさんにカッコイイ英語を習うつもりなんですよ。

今回は時間が経つのが早くて肝心の話ができなかったのですが、それは次週のお楽しみということで・・・。

DJ. カジキング

イト制作チーム


Site production team

img
Mさん

マーケティング担当

img
Yさん

Webデザイン担当

プライバシーポリシー


Privacy policy

はじめに

「アクセス」(以下、「当番組」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。当番組は個人情報を保護し、お客様に更なる信頼と安心感をご提供できるように努めてまいります。当番組は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いをいたします。

1.個人情報の取得について

当番組は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得いたします。なお、ご相談・お問い合わせに必要な範囲で個人情報を収集する場合があります。

2.個人情報の利用について

当番組は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用いたします。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

・ご相談・お問い合わせに対する回答や確認のご連絡のため
・個人情報を特定しない統計情報に利用するため

3.個人情報の安全管理について

当番組は、取り扱う個人情報の漏えい、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4.個人情報の委託について

当番組は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。

5.個人情報の第三者提供について

当番組は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

6.個人情報の開示・訂正について

当番組は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示をいたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には開示に応じません。個人情報の内容に誤りがありご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応いたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。当番組の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、当番組までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

7.組織・体制

当番組は、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施いたします。

8.その他の注意事項

当番組が運営するコンテンツや掲載物などからリンクされている第三者のサイト及びサービスは、当番組とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータ収集の規約を定めています。当サイトはこれらの規約や活動に対していかなる義務や責任も負いません。

9.個人情報の管理方法の継続的な改善について

当番組は、個人情報の管理方法を見直し、継続的に改善を実施いたします。

10.本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当番組が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

お問い合わせ


Contact

アクセス番組事務局

〒885-0055
宮崎県都城市早鈴町2-8

0986516786