全国各地の人気ラジオ番組が参加!
』が視聴可能になりました!

– News – 全国各地の人気ラジオ番組が参加『』が視聴可能になりました!


Welcome to 'Access' channel '2024

『アクセス』は毎週土曜日(朝の9時 30 分)から放送しています!

毎週土曜日(朝の9時 30 分)放送中!

アクセスについて

アクセスについて


About 'Access channel'

「アクセス」公式ホームページへお越し頂き有難うございます。アクセスは宮崎県内の障がい者の就労に役立つ情報を中心に全ての障がい者・業界関係者のための就労支援プログラムです。「アクセス」にAccessして頂き、全ての方々のハブとなるようなチャンネル作りを目指して参ります。

img

放送時間

『アクセス』は JOY-FM(FM宮崎)にて2021年4月3日土曜日の朝9時半にスタートして、以降毎週土曜日の朝9時 30分からの10分間のチャンネルです!

img

ゲスト

ゲストとして毎回、障がい者就労支援事業所の責任者の方とそこに通って就職された方、通所を頑張ってる方々をゲストにお迎えいたします。

img

放送内容

今まさに就職を目指している方やこれから利用を検討をしている方、宮崎県内全ての障がいをお持ちの方に送る役立つ情報を伝えるチャンネルです!











Audee
img  img

▲ ダウンロードサイト ▲

 スマホアプリやPCで生放送を視聴する事ができます。

*公式サイトは:こちら  *詳しい使い方:こちら



radiko
img  img

▲ ダウンロードサイト ▲

 スマホアプリやPCで生放送を視聴する事ができます。

*公式サイトは:こちら  *詳しい使い方:こちら



パーソナリティー

パーソナリティー


Introducing personality

img

宮 脇   正


(DJ. KAJIKING)

趣味のカジキ釣りをこよなく愛す福岡県出身の 42 歳。メキシコで開催される世界最大のカジキ釣り大会出場後、FMヨコハマにてカジキングというカジキ釣り専門番組のパーソナリティを1年間務める。宮崎県内7箇所にて障がい者就労支援事業の運営も行っており、閉鎖的になりがちな障がい者就労支援業界をもっと風通しよくまた、障がい者の就労の役に立つ情報発信を!との思いから当番組を企画するに至り番組パーソナリティに就任。
     kajiking55

img

宮 脇   正


(DJ. KAJIKING)

趣味のカジキ釣りをこよなく愛す福岡県出身の 42 歳。メキシコで開催される世界最大のカジキ釣り大会出場後、FMヨコハマにてカジキングというカジキ釣り専門番組のパーソナリティを1年間務める。宮崎県内7箇所にて障がい者就労支援事業の運営も行っており、閉鎖的になりがちな障がい者就労支援業界をもっと風通しよくまた、障がい者の就労の役に立つ情報発信を!との思いから当番組を企画するに至り番組パーソナリティに就任。
                                    kajiking55

メインキャスター

メインキャスター


Introduction of Main caster

img

久 保  修 一 さん

1965年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治経済学科中退。日本で初めての障がい者のための労働組合「ソーシャルハートフルユニオン」書記長。会社と対立することが多い労働者側ユニオンという立場でありながら、円滑な職場こそが働く障がい者のためになるとの信念から、会社の苦心や努力にも理解を示し、会社側からも信頼されている障がい者雇用問題のスペシャリスト。著書に『本書を読まずに障がい者を雇用してはいけません!』(労働新聞社)がある。
 *ソーシャルハートフルユニオンのウェブサイト

 
img

久 保  修 一 さん

1965年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学法学部政治経済学科中退。日本で初めての障がい者のための労働組合「ソーシャルハートフルユニオン」書記長。会社と対立することが多い労働者側ユニオンという立場でありながら、円滑な職場こそが働く障がい者のためになるとの信念から、会社の苦心や努力にも理解を示し、会社側からも信頼されている障がい者雇用問題のスペシャリスト。著書に『本書を読まずに障がい者を雇用してはいけません!』(労働新聞社)がある。
 *ソーシャルハートフルユニオンのウェブサイト

アクセス番組内容

アクセス番組内容


Access broadcast content

2024 年 6 月 8 日放送

「退職代行」って? Vol.1

 久保書記長、今週もよろしくお願いします。

 はい、よろしくお願いします。

 そういえばですね。5月3日埼玉県の越谷市まで行って山ちゃんの大会見てきたんですよ。

 ボディビル系!

 そうですね。コンテストですね。想像を超えるバッキバキの人たちが出てますよ。一応山ちゃんはその大会に初めて出場する人たちを集めたビギナークラスでの出場だったんですけど、ビギナークラスでも真っ黒で彫刻みたいな体の連中ばっかりなんですよ。

 なるほど。

 そんな中、山ちゃんはですね。真っ白であまりバキバキな状態でちゃんとしっかり3点倒立してました。

 あぁ、さすが〜。

 そして審査委員長に怒られるんです。「あのー、58番、58番、次そんなことしたら目立ちたいの分かりますけど失格にしますから」(笑)。

 山ちゃんらしいって言えばらしいです。

 あの空気感であれができるって、ただすごいハートの持ち主なんですね。

 そうですね、素晴らしい。本人が怒られた時の気持ちを聞きたいです。

 5月、6月でなんか時事ネタみたいなものを話していければと思うんですけど…。

 僕はちょっと衝撃だったのが退職代行!

 はい。

 4月入社の人たちがゴールデンウィーク明けに、よその会社に頼んで「会社辞めます」といってもらうと…。1日で180件!

 過去に一度だけ業者使われて辞めた従業員いるんですよ。通知の来方もすごいんですよ。最初にファックス一枚ポンと来るだけ…。

 あぁー。

 「御社で勤めてる何とかさん。明日をもって退職します」で「本件について何かあればうちの会社の方に問い合わせしてください。本人には連絡しないでください」。弁護士みたいな内容の通知がポンと届くだけです。

 基本的には弁護士かユニオンしかできないんですよ。

 やっちゃいけないでしょ?

 もちろん違法です。違法というか弁護士法違反。ユニオンはまぁ変な言い方ですけど「僕らも会社辞めます」とかは日常茶飯事でやっていることなんで、じゃあうちもユニオンとして頼みたくても頼めない人を救えるならと思ってちょっとやってみようかと…。

 はい。

 ちょっと調べてみようということでいろいろ調べたんですけど、いま専門でやっている業者「リピーター割引」っていうのもあるみたい(笑)。

 そもそもその設定がおかしいんすよね?

 おかしいんですね。大体2万円ぐらいらしいんですけど…。

 相場がですか?

 そうですね、僕らはどちらかというと離職票どうなるのかな〜とか失業保険の関係だとかいろいろ気になることは山ほどあるんですけど、そもそも民間の企業ができないでしょうと…。

 はい。

 だからなんかホームページ見ると「ホニャララユニオンと提携してます」みたいな。

 組合員にワンクッションならせて…。

 であれば合法ではありますけど、でもその提携しているユニオンって調べましたけど存在してなかったので、おそらくユニオンってつければいいと思ってるんじゃないですかね。考え方として労働組合って安心して長く働けるように会社に対して注文をつけてみたり「給料上げてよ」ってやったりするのが本来ですから、代わりに「辞めます」というのを「また?」っていうのもちょっと。しかもディスカウントしちゃダメかな。

 ディスカウント(笑)。

 これ不当退職ですよ、これちょっと本当に…。

 そうですよね。

 まあ1ヶ月前っていうのはお互いの事情なんですけど「今日辞めます」っていって明日から来ませんが、会社的に損害を与えるとかっていうような考え方もできるとはいえ無理に行って、それこそどうしても行きたくないっていって、行く途中の駅からホームに飛び降りちゃったというのもよろしくないんで…。

 はい。

 多分そういったところを突っつきつつ、でも本当は本人とヒアリングしないといいことではないとは思うんです。

 そうですよね。

 そういう人たちの何%かが障がい者の雇用っていう枠を取るわけじゃないですか? 例えばですけど東芝さんがこの間の上場廃止になってリストラ、障がい者何人クビ切られるのかなと僕らやっぱ考えるわけです。

 はい。

 2%分は障がい者が切られないと、これちょっとおかしくなっちゃうので…。

 あぁそういうことですね。

 えぇ、これがちょっと法改正があって最近僕のところに来る講演とか原稿のテーマなんですけど、いろんなところで言う「配慮が義務化になってどう対応したらいいんでしょうか?」って、なって最近はちょっともう「過剰配慮」っていう言葉をちょっとキーワードで線引きしないとできないかなと思ってて…。

 このラジオをこの2人体制に切り替わった直後ぐらいから懸念として言ってたじゃないですか?

 まぁ五条改正、公的部門だと「活躍をさせなさい」。民間の極端な言い方すると「会社がどうなってもいいから障害者が幸せになる職場にしなさい」みたいな文言がちらちらで出だしているんですね。

 はい。

 「障がい者 “が” 活躍できる。障がい者 “が” 生きがいを感じられる」みたいになってて…。

 「が」が強くなってる。

 強いですね、障がい者「も」じゃなきゃ駄目だと…。合理的がどうだかわからないから過剰に配慮しても「これ差別じゃないことにしましょう」っていう考え方があったんですよ。

 はい。

 「一緒に働くのに慣れてないから、ちょっとみんなやりすぎちゃうよね」と。それでそのやりすぎたら本当は差別なんだけど、でもこれ差別っていうとみんなやれなくなっちゃうと…。

 はい。

 だから過剰配慮は差別じゃないっていう考え方で「配慮」っていうものを職場に導入している経緯があるわけです。それが今度は合理的ってなった時に「合理的なんだからよこせ」みたいな対立が多いですけど。合理的って無駄がなくて「必要最低限だよ」ってことなわけですね。

 はい、はい。

 だからむしろ障がい者にとっては合理的配慮ってさみしいもんなわけですよ。

 言葉どおりやられるとっていうことですね。

 そういうことです、ただもうここまで法律が変わって共生社会みたいなところからまた離れていって、ちょっと「過剰配慮は差別だよ」っていうふうにしてちょっと僕が今考えてて「やりすぎはむしろ差別」。

 それを踏まえて就労支援事業所もそんな感覚を備わってもらえるような支援の仕方しとかないといけないんですね。

 だから障がい者として生きたいのか、働いて社会人として生きたいのかの違いがやっぱりその辺というか。

 分かりました。書記長、退職代行についての話、もうちょっとこの問題掘り下げたいので来週も同じようなテーマで話していければと思います。

 わかりました、よろしくお願いします。

DJ. カジキング

2024 年 6 月 1 日放送

訪問看護ステーション おあふ ②

 さぁ今週も始まりました!「アクセス」の時間でございます。

 先週に引き続き、宮崎市清武町にございます株式会社インクルネットひなたの「訪問看護ステーション おあふ」の代表取締役 梅原社長にお越しいただいてます。今週もよろしくお願いします。

 よろしくお願いします。

 久保書記長もよろしくお願いいたします。

 よろしくお願いします。

 先週の最後にですね、「ラップ」というものと「アンガーマネージメント」という言葉が出てきましたけれども、リスナーさんに少し分かりやすくご説明いただけたらと思うんですが…。

 まず「ラップ」っていうプログラムになるんですけど、日本名で「元気回復行動プラン」っていうものになります。

 元気回復行動プラン。

 はい、自分自身の健康と元気について自分で主導権を握りながら健康・元気になっていくっていうプログラムになります。

 なるほど「自分が自分のことを決めるんだ」みたいなイメージってことですかね?

 そうですね、自分の取扱説明書を自分で作るっていうふうになりますので、自分がどんな時に元気になるのかとかどんな時に元気じゃいられなくなるのかとかっていうのをですね、自分自身が自分を見つめて取扱説明書を作っていくっていうふうな形になります。

 なるほど、そのラップを学ぶとどんな効果というか良いことがあるんですか?

 まずは自分自身を知るっていうところになってきますし、日常生活の中で自分が元気になる道具っていうところが見えてきますので少しこう悩んだ時とか不安になった時でも、自分が自分自身の主導権を持って生活の中での工夫ができるっていうところになるかなと思っています。

 なるほど、久保書記長が相談に乗ってる場面ってなんとなく想像がつくんですけど、なんかそんな感じででも言ってませんかね?

 そうですね、こんな方におすすめっていうの見るとはいまさにですよね。「考えすぎちゃって疲れる」みたいな、僕なんかもよく来年の自分の誕生日が晴れか雨か考えてもしょうがないでしょうと…。

 はい、それ言ってるの聞いたことあります。

 1年後の契約が継続されるのか、切られるんじゃないかって考えて仕事行けなくなっちゃうと…。これをたぶん自分でコントロールしやすくなるコツみたいなんかもらえるっていう意味じゃないですかね。

 はい。

 なるほど、じゃあこういう悩みが多い方って、これぜひ受けてみるべきかもしれないですね。このチラシに書いてある「こんな方におすすめ」っていうのをバッと読ませていただきますね。

 「頼まれると断れない」「他人の評価が気になる」「いつも不安」「考えすぎて疲れる」「怒りっぽい」「自分を否定してしまう」「ストレス解消ができない」。こんな方々におすすめ! ということですね。

 頼まれると断れるようになるっていうことですかね?(笑)

 バンバン断れるようになるのかもしれないですね。

 いつも安心でいられる。

 少し違うところもあって不安であったりとか怒りであったりストレスっていうのもそれが悪いことではなくて大切なことの一つなんですけど、それをうまくコントロールしていくっていうふうな形のイメージなんですね。

 ああ、なるほど。真逆になろうって話じゃなくて、この感情は自然なことだしあっていいからこれをどう対処するのを学ぶということですね。

 そういうことですね。怒りに我を忘れるような状態をコントロールしていくと…。

 怒らない人になるわけじゃないですね。

 はい。

 これがもうひとつ今週聞きたかった「アンガーマネジメント」につながるものですかね。

 はい。アンガーマネージメントは「怒る必要がある怒りと、必要のない怒りを分けていく」っていうところであったりとか、怒りをコントロールしていくっていうものになるかなというふうに思います。

 「一切怒るな」っていうの訳じゃなくて「怒っていいんだよ」と…。

 はい。

 その怒り方を大きく分けて2つに分けて許容範囲の中でどこまでコントロールできるのかみたいな…。

 はい。

 なるほど。

 アスペルガー傾向の強い人とかは「怒り」で退職とか職場トラブルになるんで、結構やっぱりその「アンガーマネジメント」って本もいっぱい出てますよね。それをアスペルガーの人が買って読んでその本に怒ってるっていうのを僕は見たことありますね(笑)。

 「そんななわけにいくわけないでしょう」と…。だからただ本だとやっぱり一方的になっちゃうんで「こうすればいいです」からやっぱこういう感じでコツがあったり、その人に合うやり方みたいな形で出るのはいいですよね。

 このセルフケア術の中にそれこそ「ラップ」を学ぶ部分があったり「アンガーマネジメント」を学ぶ部分があったり、でそれぞれに専門教師がついてると…。

 はい。

 あぁなるほど。3ヶ月間で月に2回?

 月に2回を考えております。

 全6回ってことですね?

 全6回+α おまけ1回付きで、全7回。

 全7回?

 はい。でこの後にまだ具体的なところは出してないんですけど実践編っていう形で講座を考えてまして、それを受講していただいた方に関してはそれを他者(相手)に対して伝えられることができる資格制度っていうところを今考えてるところではあります。

 なるほど、先着10名様っていうことなんですけど、まぁそうですね。精神疾患をお持ちの方とかそのご本人さんであるとか、そういうのに携わる人もこれ受けてたらいいような内容ですね?

 はい。

 なるほど。最後にこの講座についてのPRをしていただいて、あとプラス何か一言リスナーの皆さんに言いたいことあればそれで締めてください。

 はい、私たちはやっぱり心のケア(メンタルヘルス)があの必要な時代の中で、やっぱり「困った時に困った、きつい時にきつい」と言える社会っていうのを作っていきたいなて思って日々活動しているところではありますので、気軽に質問とか問い合わせをしていただいて私たちとつながりを持っていただけたらなというふうに思っております。

 お問い合わせはどちらからでいいですか?

 はい「訪問看護ステーションおあふ」ていうところのインスタを見ていただけたらなというふうに思いますし、訪問看護ステーションおあふでホームページもありますのでぜひぜひ検索していただけたらなと思っております。

 はい。じゃあ本日6月1日(13時から)清武町文化会館であります「1日ワンデーの講座」と、6月8日の土曜日から開講します「心のセルフケア術初級編講座」もぜひ皆さん、よろしくお願いします。

 よろしくお願いします。

DJ. カジキング

2024 年 5 月 25 日放送

訪問看護ステーション おあふ ①

 さぁ今週も始まりました。アクセスの時間でございます!

 本日はですね、宮崎市清武町で「訪問看護ステーション おあふ」さんを運営されてる「株式会社インクルネットひなた」の代表取締役 梅原敏行社長に来ていただいてます。

 よろしくお願いします。

 久保書記長、よろしくお願いします。

 お願いします。

 梅原社長、そもそも訪問看護ステーションという言葉を聞き慣れてない方もいらっしゃると思いますんで、簡単にご説明いただけますか?

 はい、訪問看護っていうのは主治医の先生の指示のもと看護師がご自宅にお伺いして看護を行うっていうものになります。

 はい、在宅医療!

 そうです、はい。

 なるほど。

 お医者さんが行くんではなくて看護師さんが行くっていうことの違いってことですね。

 そこではどれぐらいまでのその処置というか、医療行為というのが行われるんですか?

 そうですね、身体下の訪問看護であれば床ずれであったりとか服薬管理であったりとか、そういうところまでになるかなと思います。あとは特別な指示とかに関しましては、主治医の指導があればできるっていう形にはなるかなと思います。

 注射もできます?

 注射も含まれているんですね。

 なるほど。社長のところの「 おあふ」さんは精神に特化している訪問看護ステーションということですね。

 はい。

 精神の方向けというのは具体的にどういったことを中心にやっていかれるんですか?

 はい、精神科特化型の方の訪問看護ステーションと言いまして、身体科と一緒で主治医の先生の指示のもとっていうところは変わらないんですけど、精神に障害がある方であったりとか精神疾患をお持ちの方に対して、ご自宅にお伺いして私たちであれば「対話をする」っていうんですけど、対話を通してその方のリカバリーを支援していくっていうものになります。

 なるほど。服薬のサポート相談とかもやるっていうことですか?

 そうですね。薬に関しての関わりもさせていただくんですけど、管理するだけではなくてやっぱりその方が薬に対する思いであったりとか気持ちであったりとかはいっていうところを対話を通してこう支援をしていくっていう形なので、薬の数を数えたりとかですね、薬をセットしたりっていうものだけではなくて、やっぱりこう対話を通してっていうのがポイントになるのかなと思います。

 なんとなくリスナーさん、わかりましたかね? なんか見えてきた感じはあるんですけど…。

 お医者さんとの話とこんなとこが違うんだよっていうのが看護師さんだとなんかあるんですね。

 ああ、そうですね。線引きというか…。

 そうですね、やっぱりこうドクターの方に関してはなかなかこう診察の時も時間が取れなかったりですね。ゆっくり対話をするっていうのが難しいかなと思いますので、私たちは大体40分から60分ぐらい、ご自宅にお伺いして対話をするっていう形なんで、まあゆっくりその人に合わせてその人のペースでっていうところになるかなと思います。

 なるほど。

 それは先生にフィードバックされることなんですね。

 はい。

 あの病院って緊張してちゃんと相談できなかったみたいな人が多いですから、それが安心して…。

 看護師さんだったもうちょっとフランクに喋れるとか、そういったところがあるのかもしれないですね。

 それで社長のところはですね、 おあふさんは名前もオアフ島のオアフから作ったとちらっとお伺いしたんですけど、この訪問看護ステーションだけに囚われずなんか新しい取り組みをされるということで…。

 はい、当社はですね。精神疾患を持たれている方、障害を持たれている方だけではなくてやっぱりメンタルヘル(心のケア)っていう形で、予防的な活動から早期介入実践っていう形で考えておりまして、その中の一つが「セルフケア」自分が自分自身のケアをするっていうのが大切だっていうのがありまして、そのセルフケアに対する講座っていうところを計画をさせていただいております。

 いまここにチラシがあるんですけど「心の味方講座、心のセルフケア術、私らしく生きるために大切な10のこと入門編」みたいなものがあるんですけど、これ6月1日土曜日の 13 時から 16 時まで清武町文化会館で行われるんですね。

 はい。

 もう一つの方の講座というのが6月8日開講って書いてありますけど、これはどんなものなんですか?

 それがですね、3ヶ月ぐらいの期間で先ほどご説明させていただいた、自分自身のケアをするっていうセルフケアを集中的に学んでいくっていう講座を企画させていただいております。当社がやってます「ラップ」っていうプログラムと「アンガーマネージメント(怒りのコントロール)」であったりとか「マインドフルネス」であったりとか「アサーション」って言われる私たち精神科看護師が持っているプログラムっていうのを提供させていただいて、それを受講してくださった方がセルフケア(自分のケア)をやっていくっていうふうな形になります。

 先ほどお伝えした6月1日のこの講座にいったんできれば来ていただいて6月8日からの開講の方に、できれば繋げたいみたいイメージですね。

 はい、そうです。

 なるほど。「アンガーマネジメント」って、バットボーイズツーバットって映画で怒ったら「ウー、サー」って言って怒りを鎮める物語ですけど…。

 何秒で怒りが収まるか?

 6秒ですね。

 はい。それとその「ラップ」っていうのを組み合わせたようなものが講座の中心になるんですね。

 そうですね。

 なるほど。この6月1日のイベントについてもう一回、詳細をお伝えしてもらって最後番組の締めにしましょう。

 はい。「心の味方講座」としまして 2024 年6月1日土曜日、13 時から 16時、清武町文化会館で行います。申し込みであったり問い合わせに関してましては「訪問看護ステーションおあふ」とインスタで検索していただけたら詳細が出てくると思いますのでよろしくお願いします。

 はい、来週もまたゲストで来ていただいてこの「ラップ」と「アンガーマネジメント」についてもう少し深掘りしてご説明いただき、番組の最後にまたこのイベントの最後紹介していただければというふうに思います。

 来週も来ていただけますでしょうか?

 はい、いいとも!

DJ. カジキング

イト制作担当

イト制作担当


Site production manager

img

編集担当(N)

img

Web担当(Y)

プライバシーポリシー


Privacy policy

はじめに

「アクセス」(以下、「当番組」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。当番組は個人情報を保護し、お客様に更なる信頼と安心感をご提供できるように努めてまいります。当番組は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いをいたします。

1.個人情報の取得について

当番組は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得いたします。なお、ご相談・お問い合わせに必要な範囲で個人情報を収集する場合があります。

2.個人情報の利用について

当番組は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用いたします。以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

・ご相談・お問い合わせに対する回答や確認のご連絡のため
・個人情報を特定しない統計情報に利用するため

3.個人情報の安全管理について

当番組は、取り扱う個人情報の漏えい、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4.個人情報の委託について

当番組は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。

5.個人情報の第三者提供について

当番組は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

6.個人情報の開示・訂正について

当番組は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示をいたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には開示に応じません。個人情報の内容に誤りがありご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応いたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。当番組の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、当番組までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

7.組織・体制

当番組は、個人情報の適正な管理及び継続的な改善を実施いたします。

8.その他の注意事項

当番組が運営するコンテンツや掲載物などからリンクされている第三者のサイト及びサービスは、当番組とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータ収集の規約を定めています。当サイトはこれらの規約や活動に対していかなる義務や責任も負いません。

9.個人情報の管理方法の継続的な改善について

当番組は、個人情報の管理方法を見直し、継続的に改善を実施いたします。

10.本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当番組が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

お問い合わせ


Contact

アクセス番組事務局

〒885-0055
宮崎県都城市早鈴町2-8

0986516786